中田接骨院TEL:06-6696-5556 大阪市住吉区苅田5-15-18/地下鉄御堂筋線あびこ駅 徒歩3分
 

小児カイロプラクティック・神経発達障害に対しての施術

発達障害をお持ちのお子様やスポーツ障害や神経系の症状があるお子様に対して、神経学的な考えのもとに、カイロプラクティック(chiropractic)といわれる手技療法と、クラニオセイクラルオステオパシー(Craniosacral osteopathy)といわれる手技療法の一部を併せて行います。

当院では、カイロプラクティックの中のモーションパルペーションという検査、手技療法を行います。どの関節にもある動きを正常可動域内に戻してあげることにより、動作時の痛みやこわばり等を改善していきます。(詳細は『モーションパルペーションとは?』参照)

クラニオセイクラルオステオパシーは、22個の骨で組み立てられた頭蓋骨の動きを矯正することにより脳脊髄液と言われる生きるために必要なホルモンを輸送する際の運動を正常にしていきます。(詳細は『頭蓋矯正、整顔矯正』参照)

どちらも日本ではまだ一般的ではありませんが、アメリカや欧州の方では一般的な療法です。

これらによって脳・機能神経学・運動学・発生学的な考えのもと徒手検査を実施し施術を行うことで適切なアプローチ方法が選択できるため、一人一人に合わせたお子様の身体の動かしにくさ・スポーツ上での動作のイレギュラー・発達遅滞・発達停止・発達偏奇や成長とともに出現した各種神経系の症状に対して様々なアプローチを行っていきます。

また、スクーリングテストという神経学的なテスト法を併用することにより、細かく発達の妨げる項目を探していきます。

施術に関しては痛みを伴うことはほぼなく、矯正音を発生させるような施術も行わないソフトな施術です。
身体の動きを制限されることによって起こる事は、必要に応じてホームワークの指導も行いますので、ご家庭でもお子様の発達の土台づくりや症状の改善に向けて御協力をお願いいたします。

発達の促進についてですが、まず、発達を遅延または停止させる要因として①染色体のエラー②胎児の時点でのアクシデント③出産時のアクシデントなど様々ありますが、①~③に該当しないお子様においては発達学的な順序を経ていない可能性が高く、ホームワークの中での動作の学習により発達を促します。

当院に通われるお子様は個人差はありますが、3カ月~6カ月程度の期間で何らかの発育を確認できております。
当院では小児の施術においては保護者の方に徒手検査や施術方法などをご説明の上で施術を行っております。